プロミスの審査に通るために必要なあなたのやる3つのこと!

プロミスの審査に通るために必要なあなたのやる3つのこと!

プロミスの審査に通るために必要な条件はこれ!

1.安定した収入があること 年齢20歳から69歳で安定した収入のある方。 2.過去の返済履歴がキレイ信用情報機関での金融期間の返済遅延の履歴が無いことや他社からの借り入れが多く過ぎないこと。 3.限度額を低めに抑える 法律上では、年収の3分の1まで借りれるなので借入額を抑えておく。大きく分けて上記の3点です。 この3点を噛み砕いて説明していきます。 

プロミスの審査は必要条件を満たせば必ず通ります

まず、キャッシングしようと思い、いざ審査を前にしてしまうと、不安に駆られてるしまいます。 初めてだと、審査が不安になるのも無理はありません。 プロミスに限らず、カードローンの審査には多くの審査基準が存在しており、そのすべてを把握するのはとても大変です。 ですが、審査に直結して、今すぐ確認できる項目だけに注目すれば、プロミスの審査を通すことは十分に可能です。 また、プロミスの審査の特徴にスピード審査があります。 利用可能になるまでの期間が短く、急ぎでお金が必要な方でも安心して申し込むことができます。 審査スピードは早くても、無条件では得られません。 審査が甘いわけではありませんが、必要条件を満せば、まず審査が通ると思って間違いないです。 

プロミスの審査に通るためにあなたがやること!

審査を申し込む際には、運転免許証・パスポート・健康保険証と住民票のいずれかの本人確認書類が必要になります。 印鑑や保証人、担保等は不要です。また、希望の限度額が50万円を超える場合は、源泉徴収か確定申告書、給与明細書(最新2ヶ月+1年分の賞与明細書)の用意が必要です。 これらの書類をスキャナーでシャンするか、書類の写真をメールなどで送付する必要があります。 また、必要書類送付・申込み段階で内容に虚実がないことです。 これは、当たり前のことなのですが、年収額や勤務先の情報などは、正しく記載します。 審査の際にはプロミスから確認の電話等が入る場合もあります。 この時にしっかりとした受け答えをします。 適当な返答をしてしまうと、審査に時間がかかってしまったり、審査の結果に悪影響を及ぼす原因にもなるので注意が必要です。 

1.安定した収入があること

お金を貸すのは、返ってくることが前提となっています。 ですが、具体的に月収何十万以上でなければ利用できないなどと決まっているわけではないので、実際アルバイトの方でも利用することは可能です。 年齢25歳から69歳で安定した収入があることが必要で、月に1回以上の収入があることが重視されます。 ですので、固定給があることが必要になってきます。 固定給で年収100万以上が理想です。 年収が安定しなくても年収1000万を超えるような高所得者の場合ですと大きな影響はありませんが、平均的な年収の場合は、年収が下がればそれだけ審査に悪く影響します。 歩合給制ですと、収入は高くても利用限度額が10万程度の見積もりになってしまいます。 そして、仕事の勤続年数です。 勤続年数が3ヶ月未満ですと、審査に落ちてしまうか利用限度額が抑えられてしまいます。 たとえ、アルバイトでの収入でも勤続年数が3ヶ月を超えていて、年収100万以上であれば、審査を通る可能性はあります。 そのため、収入が全くない年金受給者や専業主婦の方であれば利用は厳しいです。 

2.過去の返済履歴がキレイ

こちらの項目が最重要ポイントとなります。 まず、自分の利用しているローンやクレジットカードの契約状況や借入状況などの信用情報は、信用情報機関で管理されています。 プロミスに限らず金融業者は、信用情報機関に加盟しているため、審査では申込者の情報を信用情報機関で照会されます。 その際に下記の内容に該当してしまうと審査に悪影響を及ぼします。 まず返済履歴上の遅延です。 ローンや借り入れの返済に1日でも遅れることにより、信用情報機関に記録として残ります。 返済遅延の記録は使用情報機関に半年ほど残るので、審査に通らない可能性がでてきます。 これは、プロミス利用者限定になるですが、過去の利用で、30日以上の返済遅延や1週間ほどの返済遅延を繰り返し行なった場合です。 こちらはプロミスの方に記録されますので、半永久的に消えず、二度と審査に通らない可能性があります。 また、短期間での他の金融業者へ借り入れの申し込みがあることです。 信用情報には、クレジットカードの申込記録やローンの記録も残ります。 他社への申込み回数なども知られてしまいますので、同時にいくつも借り入れのを申し込みをするのは避けましょう。 かなりお金に困っていて、返済が困難な状況にあると判断されてしまいます。 また、現在他に借り入れがある場合は、暫定的に返済力が無いと判断されてしまう場合もあります。 

3.限度額を低めに抑える

プロミスの審査において、すぐに実践ができて、なおかつ効果的な方法が限度額を出来る限り低くして申込むことです。 理由は様々ですが、1番わかりやすいのが、低い限度額だと返済計画を立てて、なおかつ返済の可能性が高いと認識してもらいやすいからです。 総量規制という法律により、個人の年収の3分の1を超える貸付けを金融業者から受けることができません。 ですので、すでに他の金融業者から3分の1を超える金額の借り入れを受けていると審査に落ちてしまいます。 ちなみに、金融業者には消費者金融やクレジットカード会社のことを指し、銀行は含みません。 具体的には、年収入の約1割程度であれば審査が通る可能性が高いです。 そして、年収には総支給額と、実際支給される手取り額があります。 審査の場合では総支給額が基準となります。 副業などによる、副収入は総支給に含まれません。 副業は毎月同じ収入があるとは限らず、収入を証明するのが難しいためです。 ですので、本業の総収入のみの計算をしておきます。 また、一般的に限度額が高ければ返済リスクが大きくなるため、よっぽどの安定した高収入があるか、信用情報の評価が高くなければ、審査には通りません。 そのために、プロミスの審査を通すには、限度額を低めに設定することが大切です。 最初に借り入れした限度額は、継続的に利用していると増額審査を受けることができます。 もっと融資が必要なのであれば、それからでも増額しましょう。 

プロミスなら最大30日間無利息でキャッシングできます!

プロミスをはじめて利用される際、Eメールアドレスを登録し、あわせてWeb明細の利用選択される方は、初回出金の翌日から30日間無利息でサービスを利用できます。 30日間であれば、借り入れを完済しての再度利用や追加の融資なども無利息の対象となります。 またプロミスのカードローンはインターネットからの申込みを行うことが可能です。 パソコンだけでなく、スマートフォンや携帯用タブレット等からの申込みも行うことができ、24時間365日審査の申請が可能です。 >>プロミスの詳細はこちらをクリック!<<

 
総量規制対象外の銀行カードローン審査に通る必勝法!
総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通れば、クレジットカードや消費者金融からの借入も1本にまとめることができます。こちらの記事では総量規制対象外の銀行カードローン審査に通るためのコツやポイントについてまとめてあるのでおすすめです。

 
三井住友銀行カードローンの審査に通る4カ条!年収200万でも審査に通る方法!
三井住友銀行カードローンの審査なら年収が200万円未満でもキャッシングできる可能性はとても高いです。大切なのは、あなたが安定的に稼いでいて返済履歴がキレイなことがポイントになります。